<< この夏は「リナT」でお洒落にキメる! | main | リル?キム、宿敵ニッキーに?00万ドル払ったら共演してやってもいい? >>

スポンサーサイト

  • 2012.01.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「沖縄天ぷら店」併設の「古着店」、那覇?にぎわい広場近くに /沖?

 那覇?にぎわい広場近くに10月16日、沖縄天ぷら店を併設した古着店「WALNUT(ウォルナット)」(那覇市松尾2、TEL 080-5671-4535)がオープンした。店名は、英語で「クルミの木」を意味する。(那覇経済新聞)

 古着店の店舗面積は約7坪で、天ぷら店は約2坪。オフホワイトの内装に、鮮やかなグリーンのアコーデオンドアをアクセントにした古着店 RF RMT 。一方、沖縄天ぷら店は、売り場カウンターのみの設計。

 取扱商品は、メンズを中心にアメリカンカジュアルの古着やビンテージ古着をそろえる。Tシャツをはじめ、シャツ、パンツ、スニーカー、ツナギ、ファイヤーキングのカップなども。オーナーの関根達也さんは「ビンテージは1970年代以前のものを中心に仕入れている。特にスニーカーやツナギは沖 天上碑 RMT 縄で一番の品ぞろえでは」と話す。

 天ぷら店のメニューは、現在イカ、魚、トリの3種のみで、各種4?5個で100円。ドリンクはコーラ、ルートビア、サンピン茶(各100円)を用意。

 1年前に沖縄に店を持ちたいと移住してきた関根さん。天ぷら店の運営は友人の瑞慶山陽彦さんが担当している。「スペースが余っているので何かしないか?」と関 Tenjouhi RMT 根さんが瑞慶山さんに聞いたところ、瑞慶山さんは二つ返事で「ぜひやりたい」と答えたという。瑞慶山さんは店を何にするかいろいろ考えた末、「全国でB級グルメがはやっているし、若い人に沖縄の天ぷらを知ってほしい」と天ぷら店に決めたという。「天ぷら店もやることを聞いて大家さんもびっくりしていた」と笑顔で話す関根さん。「今後、ハンドメードのア クセサリーなども置いていきたい」という。

 営業時間は、古着店=12時?20時。天ぷら店=11時?売切れ次第終了。定休日調整中。

【関連記事】
WALNUT
那覇?牧志にビンテージ古着店?60年?80年代の「Tシャツ」メーンに(那覇経済新聞)
引用元:arad rmt

スポンサーサイト

  • 2012.01.16 Monday
  • -
  • 04:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM